ABOUT

番組内容

「古屋博敏のサウンド物語」
クラシカルクロスオーバーシンガーでレコーディングスタジオ運営をしている古屋博敏が「レコーディング機材」を中心にお話していくトーク番組です。

番組パーソナリティー

古屋 博敏
クラシカルクロスオーバー歌手 / ピアノ調律師 / レコーディング・スタジオ運営
2011年に新日本フィルハーモニー交響楽団との共演で、クラシックポップスの歌手としてデビュー。その後、コンスタントにアルバムを発表。また、レコーディングエンジニア、マスタリングエンジニアとしても活動し、自らスタジオを運営。
これまでの共演・共作者は、ETやハリーポッターを担当したSefi Carmel(イギリス)を始め、Olivier Decrouille(フランス)、Darrell Nutt(アメリカ)など欧米を代表するアーティストが多岐に及ぶ。
サウンドエンジニアリングにおいては、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、エリック・クラプトン、ユンディ・リ、ウィーン・フィルハーモニー、ベルリン・フィルハーモニー、などのビッグネームを多数手がける。バークリー音楽大学Music Production course修了。ハーバード大学Extension school Visual Arts course在学中。

Podcast(ポッドキャスト)

カテゴリー

直近の更新

PAGE TOP